0歳児からのロビーコンサート

7月14日

 西尾市文化会館自主企画事業「0歳児からのロビーコンサート」が7月14日午前10時30分から、同会館大ホールロビーで開かれる。同会館指定管理者の同市文化協会主催。
 出演は、バイオリン奏者の熊谷祥子さん、フルート奏者の濱田千枝さん。
 コンサートでは「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」や「犬のおまわりさん」「糸」などを演奏する。演奏時間は45分ほどを予定している。
 定員は100人で、入場料は高校生以上が500円(当日支払い、チケットレス)。ただし、電話・メール、QRコードによる事前予約が必要となる。
 予約は7月1日から、同会館(電54―5855)、メール=n-bunka@katch.ne.jp=などで受け付ける。問い合わせは、同会館へ。

糟谷さんがトークショー

7月31日

 一般社団法人西尾市スポーツ協会は合併10周年記念事業として7月31日午後1時半から、西尾市吉良町出身のマラソンランナーで同市シティプロモーション特命大使の糟谷悟さん(37)=トヨタ紡織陸上部=によるトークショー「思いひとつで、未来は、変えられる!」を同市文化会館小ホールで行う。6月8日から申し込みを受け付ける。
 糟谷さんは吉良中で陸上と出合い、卒業後は中京大中京高校に進学。2年生の時にインターハイ4位、国体8位に入り、全国駅伝競走大会では愛知県の初優勝に貢献。3年生の時に1万メートルで県高校記録という輝かしい成績を収めた。駒澤大学に進学した糟谷さんは1~3年生の時、箱根駅伝の選手として3連覇に貢献。2回の区間賞にも輝いている。大学卒業後、トヨタ紡織の主力選手として活躍していたが、2013年に悪性リンパ腫を患った。
 闘病生活を乗り越え、16年元旦のニューイヤー駅伝で3年ぶりに大舞台に復帰。エース区間の4区を力走した。現在は選手兼スタッフとして陸上競技を続けている。
 トークショーでは、同じ駒澤大学陸上部OBで男子マラソンの川内優輝選手の物まね芸人として知られるM高史さん(36)も登場する予定。
 参加無料。全席指定で定員100人。申し込みは6月8日~27日に受け付け、1グループ4人まで(代表者は西尾市在住・在勤であることが条件)で、同市スポーツ協会のホームページ、同市総合体育館にある申込用紙への記入・投函で行う。定員を超えた場合は抽選になる。指定座席はランダムに決まる。
 問い合わせは、同協会(電65―0057)へ。

絵図集完成記念講演会

8月1日

 西尾市教育委員会と西尾城再建友の会が、江戸時代に存在した西尾城の絵図64種類を集めた『西尾城絵図集』の完成記念講演会が8月1日午後1時半から、同市文化会館小ホールで開かれる。
 前西尾市文化財課長の石川浩治氏が「西尾城研究の現状と課題」、滋賀県立大学名誉教授の中井均氏が「絵図が語る西尾城の構造」と題してそれぞれ話す。
 定員150人(申し込み多数の場合は抽選)。参加無料(資料代100円)。
 問い合わせは、同市文化財課(電56―2459)へ。

HOME | ibent